ひざが痛いのは軟骨が減っているからではありません。ヒアルロン酸注射以外の解決法をお伝えします!

この様な症例の方に向けています

・頑張ってヒアルロン酸注射を続けても一向にひざの痛みが良くならない
・たいしてひざの痛みが和らがないのに、ヒアルロン酸注射の痛みが苦痛
・ヒアルロン酸注射以外の方法でこのひざの痛みを楽にする方法はないものか考えている

川崎市多摩区稲田堤・稲城市の整体院 Anmin調整院の仲原です。

 

記事を読んでくださってありがとうございます。

 

今日はひざの痛みについて書きます。

 

ひざの痛み、なった事がある方にしかわからない辛さですよね。

 

症状としては、

 

  • 階段の昇り降りが痛くて出来ない
  • 立ち上がる時に踏ん張れない
  • 正座が出来ない
  • ひざが伸ばせない
  • 夜寝返りを打つと痛みで目が覚める
  • ひざがうずく

 

などで、健康な時は何でもない動作が出来なくなります。

 

ほとんどの方がここまでになると慌てて病院に行くはずです。

 

不安を抱えたままレントゲンを撮られた後に、

 

ひざの軟骨が減ってきていますね。変形性膝関節症でしょう。定期的にヒアルロン酸注射を打ちますから通ってください

 

と言われるパターンが多いです。

 

しかし、私はそれに対して本当にそうなのか疑問を持っています。

 

施術をしていて、

 

軟骨の減少がひざの痛みの直接の原因ではない

 

と考えているからです。

 

では、これからその理由とひざの痛みの原因・対策を書いていきますね。

 

軟骨がすり減っていることだけがひざの痛みの原因でないと言う2つの理由

 

冒頭でも軟骨の減少がひざの痛みと直接関係ないと書きました。

 

長い間ヒアルロン酸注射に通っておられる方は、今までの努力は何だったの…とショックを受けるかもしれません。

 

でも、落ち込まず続けて読んでくださいね。

 

私がそこまで言うのには2つの理由があります。

①軟骨が減少していてもひざの痛みが無い方がいる

②ひざの軟骨に特に何かをしたわけではないのに、当院の施術でひざ痛が改善してゆく

 

では、一つずつ説明してゆきますね。

 

①軟骨が減少していてもひざの痛みが無い方がいる

レントゲンで膝の軟骨の減少がみられても、ひざの痛みが無い方がいます。

例としては、ひざがくの字形に変形しているのに全く痛みを感じずにスタスタ歩かれる方です。
もしかしたらお知り合いの中に思い当たる方がいるかもしれないですね。

そういった方々を見れば、ひざの痛みの原因は軟骨の減少以外にあると考えるのが自然です。

 

②ひざの軟骨に特に何かをしたわけではないのに、当院の施術でひざの痛みが改善してゆく

実を言うと、私も今から10年以上前まはひざの痛みの原因が軟骨の減少だと信じていた1人です。

軟骨がすり減ったひざ痛の治療は難しいと思い込んでいました。
お恥ずかしい話ですが、自信がなかったのです。

しかし、思い切って施術してみるとひざの軟骨自体に何かしたわけではないのに症状が改善していくのです。

最初は偶然かと思っていたのですが、そういった例が何年も続いたので、ひざの軟骨の減少はひざの痛みと関係ないと気づいたのです。

 

ここまでの説明を聞いて、じゃあひざの痛みの原因は何なの?となりますね。

原因を4つ挙げますね。

 

ひざの痛みの4つの主な原因

①ひざ周りの筋肉が固まり過ぎている

②ひざ関節の『あそび』がない

③ひざ関節以外の関節がうまく動いていない

④内臓疲労

 

では、順番に説明してゆきます。

 

①ひざ周りの筋肉が固まり過ぎている

使い過ぎ、座り過ぎによってひざ周りの筋肉が硬くなってくると血流が悪くなり組織が酸素不足になります。
細胞は酸素がないと生きていけません。

身体は血流を上げる物質を出しますが、それは同時に痛みを引き起こす物質でもあるんです。

痛くてひざ関節がうまく動かないと歩く姿勢も悪くなるので、さらにひざに負担がかかって痛みがひどくなるという悪循環に陥ってしまいます。

 

②ひざ関節の『あそび』がない

『あそび』と言われてもピンとこないかもしれないので、説明します。

通常、関節はグラグラしないようにガッチリとした膜で覆われています。

しかし、実際は1ミリ程度の範囲で8方向(前・後・左・右・回旋・側屈・圧縮・伸展)に動いては戻るという弾力があります。

これが『あそび』です。

この『あそび』が関節を守ってくれるから日常動作をスムーズに出来るんです。

普通に歩いていてもひざには体重の1・5倍の負荷がかかると言われています。
それでも痛みを感じずにスタスタ歩けるのはこの『あそび』のおかげなんです。

同じ姿勢を長く続けたり、日常動作の癖などが積み重なってくると『あそび』が失われます。
すると、関節へ負担がかかって痛くなってしまうのです。

 

③ひざ関節以外の関節がうまく動いていない

身体の各関節はお互い影響し合っています。

ひざが痛いからといっても順番に原因をたどっていくと発端は足首や腰だったということもあります。

数年前に足首の捻挫してきちんと治してなかったせいで、ひざの痛みを引き起こす事だってあります。

 

④内臓疲労

内臓とひざが関係あると言われてもピンとこないと思います。
でも、内臓を覆っている膜とひざの痛みの原因になる筋膜は複雑につながっています。

内臓が疲れて下がってくると、関連する筋膜を引っ張って痛みを引き起こす事があります。

例を挙げると、

腎臓が疲労して下がる


腸腰筋が引っ張られる


姿勢が悪くなり膝に負担がかかる

ひざ痛になる

といったように、直接関係無いように見えても内臓は関節に影響を与えるんです。

 

なぜ当院の施術でひざ痛が改善するのか?

①ひざ関節の周囲の筋肉筋膜にアプローチし、筋肉の血流が良くなるように施術する

②ひざ関節はもちろん、ひざ関節以外の箇所もきちんとチェックするので改善が早い

③内臓の位置調整を行う

 

当院では先程述べた4つの原因を全てチェックしたうえで施術にあたるので、効果が高いです。

 

①ひざ関節の周囲の筋肉にアプローチ

筋肉の血流が良くなるように施術します。

ひざの可動域が良くなるのでひざが動かしやすくなりますし、痛みも緩和されていくのです。

 

②ひざ関節はもちろん、ひざ関節以外の箇所もきちんとチェックするので回復がはやい

ひざが痛いと言っても、ひざだけではなく全身をみる必要があります。
ひざ痛と一緒に他の症状を抱えている場合が多いからです。

・猫背
・首肩コリ
・腰痛
・股関節の痛み
・足首の痛み
・O脚、X脚

などです。

ひざ関節以外の箇所もきちんとチェックして施術するので、一般的な治療よりも改善が早いのです。

 

③内臓の位置調整を行う

内臓が疲れて下がってくると他の箇所に影響があることは先ほど述べました。

当院では内臓の位置を整える施術も行うので、施術の効果が長持ちするんです。

 

まとめ   整体でひざの痛みを解消しよう!

ひざの痛みの原因は軟骨がすり減っているからではない

理由は2つあります。

①軟骨の減少していてもひざの痛みが無い方がいる
②ひざの軟骨に特に何かをしたわけではないのに、当院の施術でひざの痛みが改善してゆく

原因は4つ。

①ひざ周りの筋肉が固まり過ぎている
②ひざ関節のアソビがない
③ひざ関節以外の関節がうまく動いていない
④内臓疲労

 

なぜ当院の施術でひざ痛が改善するのか?

①ひざ関節の周囲の筋肉筋膜にアプローチし、筋肉の血流が良くなるように施術する
②ひざ関節はもちろん、ひざ関節以外の箇所もきちんとチェックするので改善が早い
③内臓の位置調整を行う

 

もしこの記事を読んでくれているあなたが、

「ヒアルロン酸注射を打ち続けても良くならないし、注射の痛みが苦痛」
「治療を受けに行っても、ひざに電気を当てた後少しマッサージするだけだから根本的に良くなる気がしない」

といった状態でお悩みでしたら、一人で悩まず気軽に当院に相談してくださいね。

電話】
070-6429-3569

【受付時間】
10:00〜19:30

【定休日】
月曜日、第1・3・5木曜日
土日祝日は営業

【住所】
〒214-0001 神奈川県川崎市多摩区菅5-10-14ハイツロシータ102
京王稲田堤駅北口より徒歩3分
JR稲田堤駅より徒歩6分
アクセス方法はこちらをクリック

予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。