ひざの内側(鵞足)が痛い!簡単ストレッチを3つ動画付きでご紹介します

歩くと膝の内側が痛い…。

しゃがんだ状態から立ち上がろうとするとひざの内側が突っ張って痛い。

階段の昇り降りが苦痛。

 

そんなあなたの膝の内側の痛みは膝の内側に付いている筋肉が固くなって痛みを引き起こしているからかもしれません。

 

今回の記事では、ひざの内側の痛みの原因と緩和させるための3つのストレッチを動画付きで解説してゆきます。

 

こんにちは。川崎市多摩区・稲城市の整体院Anmin調整院の仲原雅幸です。

当院にもひざの内側の痛みでお悩みの方はたくさん来院されます。

 

この記事はこんな症状でお悩みの方に向けて書いています
○歩くと膝の内側が痛い…。
○曲げ伸ばしでひざの内側が突っ張って痛い。
○階段の昇り降りが苦痛。

 

痛む原因を知り、ストレッチを行うことで湿布や電気をあてても今までなかなか取れなかった痛みを緩和してもらえたらと思います。

それではまいりましょう!

 

膝の内側が痛い原因は筋肉が固くなっているからです

まずは筋肉の過緊張を疑ってみて

ひざが痛み始めるとひざの中の関節がどうかしてしまったんじゃないかと不安に駆られることもあると思います。

しかし、私が日々施術を行っていて感じるのは、ひざの痛みはひざに関連する筋肉が固くなることが原因であることが多いということです。

では、どの部分が固くなっているのでしょう?

 

・ひざの内側に付いている3つの筋肉の緊張

ひざの内側の赤丸で囲ってある部分には3つの筋肉が付いています。この部分は『鵞足(がそく)』とも言います。

 

鵞足とは、

【半腱様筋

 

 

【薄筋】

 

 

【縫工筋】

 

これらの腱が扇状に広がりながら脛骨に付いています。

その部分が水鳥の足のような形であることから鵞足と呼ばれています。 

 

・マラソンなどのひざに負担がかかる運動
・仕事での使い過ぎ
・身体のバランスの崩れ
・X脚
・成長期であれば、骨の成長と筋肉の伸びとのアンバランス
・合わない靴

などで過剰に負担がかかることで痛みを起こします。

仲原
鵞足炎という診断を受けることもあります

また、長期的にみると鵞足に付いている筋肉が固くて動きが悪いまま放っておくことで、半月板や関節包を引っ張って負担をかけることになり、膝の関節のトラブルの原因にもなります。

なので、これらの筋肉は柔軟にしておく必要があるんですね。

特にひざに負担がかかるスポーツをされる方は前後でストレッチを十分に行ってください。

では、これからひざの内側の痛みを緩和させるための3つのストレッチを動画で解説しますね。

 

どこでも簡単に出来る!膝の内側(鵞足)の3つのストレッチ【動画解説】

ひざの内側に付いている筋肉は、

①太ももの後ろ側(半腱様筋)
②太ももの内側(薄筋)
③太ももの前側から内側に向けて斜め(縫工筋)

と3箇所に分かれます。

筋肉が走行する箇所や角度が違えば、ストレッチのやり方もそれぞれ違います。

1か所ずつに分けて動画で解説していますので、試してみてください。

※最初は①の動画から順番にご覧ください。
 やり方を覚えた後は、①~③どれから始めてもらっても構いません。

①太ももの後ろ側(半腱様筋)

②太ももの内側(薄筋)

③太ももの前側から内側に向けて斜め(縫工筋)

※早く楽になりたい!と焦って痛いのを我慢して無理に伸ばすことは避けてください。悪化する可能性もあります。ストレッチはゆっくり心地良い程度が基本です。

 

  自分だけの力では長期戦になる可能性も!専門家の手を借りてみよう

今回の記事で取り上げた箇所もある程度までは自分で対処できます。

しかし、ストレッチやセルフマッサージではなかなか楽にならない場合は長期戦になる可能性が高いですし、孤独です。

次第にケアを継続する気力が失せてしまいかねません。

そうならないためにも一度専門家の力を借りてみてはいかがでしょうか?

そのほうが良くなるまでの時間も短縮出来ますし、何より相談出来る相手がいることで安心感が生まれます。

当院は施術に入る前にしっかりとカウンセリングを行いますし、痛みを起こしている原因をしっかり探します。

施術も決して強引に叩いたり引っ張ったりせず気持ち良い加減で行うのでリラックスして眠ってしまう方も多いです。

 

こんな時は病院へ!

靭帯や腱が骨に付いているところでは、筋肉の働きによるストレスが集中しやすく、組織に小さな傷が生じます。

靭帯が骨の上を通るところではひざの曲げ伸ばしで摩擦が生まれて炎症の原因にもなります。

痛みが軽いうちであればストレッチやアイシングで改善してゆきますし、運動も可能です。

しかし、

・患部が熱を持っている
・腫れている
・常に痛む
・ストレッチしても全く改善していく気配がない、むしろひどくなることもある

という場合は、スポーツや無理にストレッチすることはおすすめしません。

重症化すると靭帯や腱が切れていることもあるので、一度病院で診てもらうようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
ここまでのお話をまとめると、

〇ひざの内側(鵞足)が痛む原因とは?
・まずは筋肉の過緊張を疑ってみて
・ひざの内側のどの筋肉の緊張なのか?
〇どこでも簡単に出来る!ひざの内側(鵞足)の3つのストレッチ
〇自分だけの力だけでは長期戦になる可能性も。専門家の力を借りてみよう
〇こんな場合は病院へ!

もしこの記事をご覧になったあなたが、

「歩くと膝の内側が痛い…」
「しゃがんだ状態から立ち上がろうとするとひざの内側が突っ張って痛い」
「階段の昇り降りが苦痛」

という状況でしたら、一人で悩まずに気軽に当院に相談してくださいね。

インターネットからのご予約・お問い合わせは24時間受け付けております。
            ↓↓↓↓↓↓↓↓

電話】
070-6429-3569

【受付時間】
10:00〜19:30

【定休日】
月曜日、第1・3・5木曜日
土日祝日は営業

【住所】
〒214-0001 神奈川県川崎市多摩区菅5-10-14ハイツロシータ102
京王稲田堤駅北口より徒歩3分
JR稲田堤駅より徒歩6分
アクセス方法はこちらをクリック

予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。